• 当社は、株主に対する利益配分を重要な経営課題として捉え、医心館事業及びその周辺領域への事業展開と経営基盤の強化を図るための内部留保資金を確保しつつ、市場環境、規制動向、財務健全性等を総合的に勘案し、年1回の期末配当を行うことを基本方針としております。
     
  • 当社は、会社法第 459 条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めておりますが、期末配当は原則として株主総会の決議によることとしております。
     
  • また、期末配当の基準日は毎事業年度末日、中間配当の基準日は毎年3月31日とし、このほか基準日を定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。

    これらの方針に基づき、2021年9月期の期末配当につきましては、1株当たり9円、2022年9月期の期末配当につきましては、1株当たり6円を予定しております。

    なお、2022年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行う予定のため、当該株式分割を考慮しない場合の2022年9月期の期末配当は1株当たり12円の予定となり、実質的に3円の増配となる予定です。

関連コンテンツ